右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 平成17(う)123
事件名
 道路交通法違反教唆(予備的訴因及び原審認定罪名道路交通法違反幇助),犯人隠避被告事件
裁判年月日
 平成17年8月18日
裁判所名・部
 札幌高等裁判所  刑事部
結果
 棄却
高裁判例集登載巻・号・頁
 第58巻3号40頁
原審裁判所名
 札幌簡易裁判所
原審事件番号
判示事項
 死者を隠避させる行為と犯人隠避罪の成否
裁判要旨
 犯人がすでに死亡していた場合であっても,捜査機関に誰が犯人か分かっていない段階で,自己が犯人である旨虚偽の事実を警察官に述べる行為は,犯人隠避罪を構成する。
全文
全文