右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 平成20(う)2747
事件名
 業務妨害被告事件
裁判年月日
 平成21年3月12日
裁判所名・部
 東京高等裁判所  第2刑事部
結果
 棄却
高裁判例集登載巻・号・頁
 第62巻1号21頁
原審裁判所名
 水戸地方裁判所  土浦支部
原審事件番号
判示事項
 犯罪予告の虚偽通報がなければ遂行されたはずの警察の公務と偽計業務妨害罪にいう「業務」
裁判要旨
 犯罪予告の虚偽通報がなければ遂行されたはずの本来の警察の公務は,強制力を付与された権力的なものを含めて,その全体が偽計業務妨害罪にいう「業務」に当たる。
全文
全文