右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 平成28(行コ)74
事件名
 原爆症認定申請却下処分取消等請求控訴事件
裁判年月日
 平成30年3月7日
裁判所名・部
 名古屋高等裁判所
結果
原審裁判所名
 名古屋地方裁判所
原審事件番号
 平成23(行ウ)149
原審結果
 棄却
判示事項の要旨
 長崎市内で被爆した控訴人ら2 名の原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律1 1 条1 項に基づく原爆症認定の申請に対し,上記各申請をいずれも却下する旨の厚生労働大臣がした各処分につき,同法10 条の「医療」とは,積極的な治療を伴うか否かを問うべきではなく,被爆者が経過観察のために通院している場合であっても, 認定に係る負傷又は疾病が「現に医療を要する状態にある」と認めるのが相当であると解した上で, 控訴人らの各申請に係る疾病のうち左乳がん及び慢性甲状腺炎については, いまだ経過観察が必要であったから, 放射線起因性のほか要医療性も認められるとして, 上記疾病を対象とする申請を却下したことはいずれも違法であるとした事例
全文
全文