右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和58(行ケ)124
事件名
 選挙無効請求事件
裁判年月日
 昭和61年8月14日
裁判所名
 東京高等裁判所
分野
 行政
判示事項
 公職選挙法14条及び同法別表第二の議員定数配分規定が,昭和58年6月26日施行の参議院選挙区選出議員選挙当時において,議員一人当たりの有権者数の最大区と最小区の較差が5.56対1に達しており,かつ,一部選挙区間においていわゆる逆転現象が生じていたとしても,いまだ憲法14条1項,15条1項ないし3項,43条1項,44条ただし書に違反するに至っていたものとはいえないとされた事例
裁判要旨
全文
全文