右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 平成24(行コ)68
事件名
 各法人税更正処分取消等請求控訴事件(原審・東京地方裁判所平成21年(行ウ)第492号,平成22年(行ウ)第569号)
裁判年月日
 平成24年11月29日
裁判所名
 東京高等裁判所
分野
 行政
判示事項
 眼科診療所の経営を目的とする医療法人が負担した,眼鏡及びコンタクトレンズの販売を目的とする関連法人の広告宣伝費用の一部が,法人税法(平成18年法律第10号による改正前)37条に規定する寄附金に当たり,また,その負担が,消費税法2条1項12号所定の課税仕入れに当たらないとしてされた,法人税,消費税及び地方消費税の更正及び重加算税賦課決定又は過小申告加算税賦課決定の取消請求が,棄却された事例
裁判要旨
 眼科診療所の経営を目的とする医療法人が負担した,眼鏡及びコンタクトレンズの販売を目的とする関連法人の広告宣伝費用の一部が,法人税法(平成18年法律第10号による改正前)37条に規定する寄附金に当たり,また,消費税法2条1項12号所定の課税仕入れに当たらないとしてされた,法人税,消費税及び地方消費税の更正及び重加算税賦課決定又は過小申告加算税賦課決定の取消請求につき,ある法人の支出が当該法人の広告宣伝費用であると認められるためには,その支出の対価として提供された役務が,客観的にみて,その受け手である不特定多数の者に対し当該法人の事業活動の存在又は当該法人の商品,サービス等の優越性を訴える宣伝的効果を意図して行われたものであると認められることが必要であるとした上で,前記広告宣伝は,客観的にみて,その受け手である不特定多数の者に対し,専ら前記関連会社の各店舗における事業活動の存在と,前記関連会社が販売又は提供する商品又はサービスの優越性を訴える宣伝的効果を意図して行われたものであり,前記医療法人の事業活動の存在又は前記医療法人が提供する医療サービスの優越性を訴える宣伝的効果を意図して行われたものであると認めることはできないとし,前記広告宣伝費用の一部は,前記医療法人と前記関連会社間の利益調整のために前記医療法人から前記関連会社に対し対価なくして譲渡又は供与されたものであって,前記医療法人から前記関連会社に贈与又は無償で供与された金銭又は経済的な利益であると認めることができ,通常の経済取引として是認することのできる合理的理由が存在しないから,同条に規定する寄附金に当たるとし,また,前記医療法人による前記広告宣伝費用の一部の負担は,対価性のない取引であるから,消費税法2条1項12号所定の課税仕入れに当たらないとして,前記請求を棄却した事例
全文
全文