右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)



メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 検察審査会 > 検察審査会制度Q&A > 検察審査員になるのに何か制限はあるのですか。


検察審査会制度Q&A

【検察審査員の資格,辞退方法】

Q27. 検察審査員になるのに何か制限はあるのですか。

A27. 次のような方は,検察審査員になることができません。

(1)欠格事由(一般的に検察審査員になることができない人)
・義務教育を終了していない人(義務教育を終了した人と同等以上の学識を有する場合は除きます。)
・1年の懲役又は禁錮以上の刑に処せられた人
(2)就職禁止事由(検察審査員の職務に就くことができない人)
・国務大臣
・会計検査院検査官
・司法関係者(裁判官,検察官,弁護士など)
・都道府県知事及び市町村長(特別区長も含む。)
・自衛官  など
(3)事件に関連する不適格事由(その事件について検察審査員になることができない人)
・審査する事件の被疑者又は被害者本人,その親族,同居人 など
(4)職務執行停止事由(検察審査員の職務を停止される人)
 禁錮以上の刑に当たる罪につき起訴され,その被告事件の終結に至らない人,逮捕又は勾留されている人