右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)



メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 検察審査会 > 検察審査会制度Q&A > 審査会長は,どのようなことをするのですか。


検察審査会制度Q&A

【検察審査員の職務】

Q41. 審査会長は,どのようなことをするのですか。

A41. 審査会長の仕事には,審査会議の議長となって議事を整理するほか,次のようなものがあります。

(1) 審査会議を招集し,検察審査員・補充員に招集状を発すること
(2) 検察審査員が辞退したりして欠員が出た場合には補欠の検察審査員を選び,また,検察審査員が審査会議当日欠席したりして審査会議に参加できなくなった場合には臨時の検察審査員を選ぶこと
(3) 審査の順序を変更すること
(4) 審査会議に立ち会った検察審査会事務官が作成した議事録(会議録)を点検した上で,署名押印をすること
(5) 出席した検察審査員・補充員に支給する旅費や日当の額を決定することなどです。