右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)



メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 検察審査会 > 検察審査会制度Q&A > 検察審査員・補充員として,守らなければいけないこと(義務)はあるのですか。


検察審査会制度Q&A

【検察審査員の義務】

Q44. 検察審査員・補充員として,守らなければいけないこと(義務)はあるのですか。

A44. 次の三つの義務があります。

(1) 審査会議に出席する義務・・・招集を受けた検察審査員・補充員は,原則として出席していただくことになっています。どうしても出席できない理由があるときは,事前に書面でその理由を明らかにしてください。
(2) 宣誓する義務・・・検察審査員・補充員は,必ず「良心に従い公平誠実にその職務を行う」ことを宣誓することになっています。
(3) 秘密を守る義務・・・検察審査会法上,検察審査員又は補充員が,会議において検察審査員が行う評議の経過又は各検察審査員の意見もしくはその多少の数その他職務上知り得た秘密を外部に漏らしてはいけないことになっています。(外部に漏らすと6月以下の懲役又は50万円以下の罰金に処するとの規定があります。)。