上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 盛岡地方裁判所・盛岡家庭裁判所 > 盛岡地方・家庭裁判所について > 盛岡地方家庭裁判所長


盛岡地方・家庭裁判所長

盛岡地方・家庭裁判所長

本 間 健 裕(ほんま けんゆう)

(生年月日 昭和33年7月19日生)

略 歴

 昭和63年4月に千葉地裁判事補として裁判官に任官し,名古屋,山形,福島などで勤務しました。近年の略歴は次のとおりです。

平成23年 4月 札幌地裁判事(部総括)
平成27年 4月 東京高裁判事
平成27年 6月 東京地裁判事(部総括)
平成30年 7月 東京地裁判事(所長代行者)兼東京簡裁司法行政事務掌理者

ごあいさつ

 平成31年4月1日付けで盛岡地家裁の所長に就任した本間です。山形,福島に次いで三回目の東北勤務となります。岩手県は,自然も人情も豊かな素晴らしいところですが,岩手県と聞いてまず,思い浮かべたのは,東日本大震災です。大災害から,皆さまが立ち上がって頑張っておられる姿を目の当たりにし,感銘を受けました。皆様の復興に向けた御努力と御尽力に心から敬意を表したいと思います。今も,暮らしの先行きに不安を感じている被災者の方も多いと聞いています。裁判所としても,少しでも皆さまにお役に立てるよう,尽力させていただきたいと思っています。
 本年は,裁判員制度の10周年の節目の年です。裁判員制度は,順調に運用され,社会に根付いているものと自負しています。今後,全国各地で記念行事が行われるようですが,盛岡でも,皆さまに裁判員制度をより知っていただくため方策を検討しているところです。
 盛岡地家裁の前庭には国の重要文化財に指定されている石割桜があります。毎年,4月20日前後には,美しい花を咲かせ,観光客も集まり,とても賑やかになると聞いています。私個人としては,桜の花が咲いているときの石割桜は,もちろんきれいで素晴らしいと思いますが,咲いていない時期の石割桜も,長い年月をかけ,岩をうがち,見事な大木となっている姿自体に,格別の感動を覚えます。石割桜を眺めながら,結果がすぐに出ないことでも,地道に努力をすることの大切さを日々学んでいます。
 今年は4月15日に一輪の桜が咲きました。来週には,平成最後の石割桜の満開が見られることになりそうです。(平成31年4月18日記)

 連日の陽気に誘われ,一夜にして石割桜が見頃となりました。(平成31年4月19日記)