上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 盛岡地方裁判所・盛岡家庭裁判所 > 盛岡地方・家庭裁判所について > 盛岡地方家庭裁判所長


盛岡地方・家庭裁判所長

盛岡地方・家庭裁判所長

堀 内   満(ほりうち みつる)

(生年月日 昭和31年11月16日生)

略 歴

昭和62年4月に浦和地裁判事補として裁判官に任官し,大阪,東京,富山の裁判所などで勤務しました。近年の略歴は次のとおりです。
  
 平成15年4月 名古屋高裁判事
 平成17年4月 金沢地家裁判事(部総括)
 平成21年4月 名古屋地裁判事(部総括)
 平成29年6月 盛岡地家裁所長

ごあいさつ

 石割桜は今年も立派に咲きました。満開となった折にはテレビ中継もされました。今の時期,観光バスも次々と乗り付け,朝に夕に毎日たくさんの観光客で桜の周りが賑わいます。最近は海外のお客様も多く訪れます。

 ここを職場とする私たち職員は,開花から満開時,桜吹雪から葉桜へと,一日一日と変わりゆく石割桜の変化を楽しむことができます。それに対して観光客の皆さんの多くは,一期一会。満開の石割桜に出会えた方は本当にラッキーです。

 事件もまた多くの人にとっては一生に一度のこと。できれば紛争には巻き込まれたくありません。とはいうものの万が一事件に巻き込まれてしまったら。やはり身近な人に相談するというのが一般的でしょうか。あるいは,市の無料法律相談を利用しますか。それとて敷居が高いという人には裁判所はもっと敷居が高いかもしれません。

 でも,勇気をもって裁判所の1階ロビーに入ってみてください。そして,左手にある「手続案内受付」と書かれた窓口のスタッフに声をかけてみてください。何階に行けばよいかを教えてくれるはずです。裁判所では,「調停」という紛争解決のためのメニューも用意しています。安く,早く,そして円満解決を目指すメニューです。

 石割桜は,およそ360年の長きにわたり,花崗岩の割れ目の中で窮屈な思いをしながらも見事な花を咲かせてきたのです。そんな石割桜の持つ不屈のパワーは,悩めるあなたの背中をやさしく押してくれることでしょう。悩みは一日も早く解消しましょう。