上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 盛岡地方裁判所・盛岡家庭裁判所 > 盛岡地方・家庭裁判所について > 盛岡地方家庭裁判所長


盛岡地方・家庭裁判所長

盛岡地方・家庭裁判所長

堀 内   満(ほりうち みつる)

(生年月日 昭和31年11月16日生)

略 歴

昭和62年4月に浦和地裁判事補として裁判官に任官し,大阪,東京,富山の裁判所などで勤務しました。近年の略歴は次のとおりです。
  
 平成15年4月 名古屋高裁判事
 平成17年4月 金沢地家裁判事(部総括)
 平成21年4月 名古屋地裁判事(部総括)
 平成29年6月 盛岡地家裁所長

ごあいさつ

 写真は,裁判所敷地内の紅葉です。ここ盛岡は紅葉もピークを過ぎ,間もなく石割桜の雪囲いの季節を迎えます。

 盛岡といえば石割桜ですが,写真一番右に見える木が,実は石割桜2世の桜です。真ん中の紅葉の葉に隠れてわかりにくいかもしれませんが,すでに葉は落ち,枝だけとなっています。表示も案内板もなく関係者だけが知る事実ですが,もし,石割桜を訪れる機会がありましたら,石割桜に向かって左角に見える幹の細い桜も愛でていただけたらと思います。

 親の石割桜は樹齢360年とも400年ともいわれており,これまで長年にわたり多くの人々の力を得て今日の状態を保っています。石割桜に寄せる地元の皆さんの思いには深く,熱いものがあります。石割桜の歴史にはまだまだ及ばない日本の裁判の歴史ですが,三権の一翼を担う存在として,国民の皆さまの支持を得られるよう,今後とも努力を重ねていこうと思います。 (平成30年11月記)