上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 札幌高等裁判所 > 札幌高等裁判所について > 札幌高等裁判所長官


札幌高等裁判所長官

札幌高等裁判所長官

札幌高等裁判所長官

綿引 万里子(わたひき まりこ)

(生年月日 昭和30年5月2日)

略歴

  昭和55年4月に判事補に任命され,以来,東京,岐阜,大阪,宇都宮,横浜などの裁判所で勤務してきました。最近の経歴は,次のとおりです。
平成13年 4月 東京地裁判事部総括
平成17年 3月 司法研修所教官
平成18年10月 東京高裁判事
平成21年 3月 最高裁上席裁判所調査官
平成24年 3月 宇都宮地裁所長
平成26年 7月 横浜家裁所長
平成27年 6月 東京高裁判事部総括
平成28年 4月 札幌高裁長官 

ご挨拶

 4月19日に札幌高等裁判所長官を拝命した綿引万里子です。
 北海道勤務は初めてですが,一斉に花々が咲きはじめ北の大地に春が訪れるこの時期に札幌に着任することができたことを心から喜んでいます。
 これまでも各地の裁判所に勤務して参りましたが,それぞれの土地には,その風土に根差した文化があり,裁判所における紛争の解決もそうした各地の風土,文化とは無関係なものではなく,これを理解したものでなければならないと考えています。北海道勤務は初めてですので,まずは,北海道の風土,文化を理解することに努めたいと考えております。
 多くの国民の皆様にとって,裁判所など,行かなくて済むならば行きたくないところだと思います。ただ,何か紛争に巻き込まれたとき,また,社会生活を行っていく上で法的解決が必要になったときに,裁判所に行けば,適正妥当な解決が得られるという信頼をしていただけるように努めていくことが,裁判所が社会においてその役割を果たす上でとても大切なことだと考えております。そのためには,一つ一つの事件に真剣に向き合い,当事者の声に耳を傾けていくこと,そして,社会の複雑化,価値観の多様化等の社会状況の変化に対し,敏感なアンテナを張りながら紛争解決に当たっていくことが大切であると肝に銘じております。そうすることによって,国民の皆様に信頼していただけるように,管内の裁判所を運営していくことができればと考えております。
 よろしくお願いいたします。