上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 札幌高等裁判所 > 札幌高等裁判所について > 札幌高等裁判所長官


札幌高等裁判所長官

札幌高等裁判所長官

札幌高等裁判所長官

植村 稔(うえむら みのる)

(生年月日 昭和30年7月20日)

略歴

 静岡市の出身で,昭和57年4月裁判官に任官し,東京,大阪,甲府の裁判所のほか,通商産業省(現経済産業省),司法制度改革推進本部事務局などで勤務してきました。近年の略歴は,次のとおりです。
 平成22年1月  最高裁判所刑事局長兼図書館長
 平成25年1月  東京高等裁判所判事
 平成25年5月  甲府地方・家庭裁判所長
 平成27年6月  東京高等裁判所判事(部総括)
 平成29年12月 横浜地方裁判所長
 平成30年9月  札幌高等裁判所長官

御挨拶

 平成30年9月7日札幌高等裁判所長官を拝命し,9月13日着任いたしました。
 北海道胆振東部地震の犠牲となられた方々の御冥福をお祈りするとともに,被害を受けられた道民の皆様には,一日も早く被災前の生活に戻っていただけますよう祈念しております。
 本年は,北海道命名150年の節目の年に当たると伺っております。この間,御労苦を重ね,北海道の発展に寄与してこられた幾多の先人の偉業に敬意を表しますとともに,将来に向け,道内各地の裁判所が,道民の皆様の期待にお応えするため,より一層質の高い法的紛争の解決を図ることができますよう,その環境整備に努力したいと考えております。
 どうぞよろしくお願いいたします。