右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)



メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判所について > 公表資料 > 平成30年度司法研究(養育費,婚姻費用の算定に関する実証的研究)の報告について


平成30年度司法研究(養育費,婚姻費用の算定に関する実証的研究)の報告について

 「養育費,婚姻費用の算定に関する実証的研究」をテーマに,東京及び大阪の家庭裁判所所属(当時)の裁判官を研究員とする司法研究が行われてきましたが,その研究報告が令和元年12月23日に公表されました。
 この研究報告では,現在,家庭裁判所において養育費又は婚姻費用の算定をする際に活用されている資料(標準的な養育費・婚姻費用の額を簡易迅速に算定するための標準算定方式・算定表)の考え方を踏襲しつつ,基礎となる統計資料を更新するなどした標準算定方式・算定表(令和元年版)が提案されています。
 研究報告の概要及び改定標準算定表(令和元年版)は以下のとおりです。

【令和元年12月26日以降は,表のファイルを分割して掲載しています】

  ※ 養育費・婚姻費用算定表について(説明)(PDF:84KB)