上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 岡山地方裁判所・岡山家庭裁判所 > 岡山地方裁判所・岡山家庭裁判所について > 岡山家庭裁判所長


岡山家庭裁判所長

写真:岡山家庭裁判所長 

岡山家庭裁判所長

長井 秀典(ながい ひでのり)

昭和34年12月1日生

略歴

昭和58年4月
司法修習生
昭和60年4月
大阪地方裁判所判事補
昭和62年4月
広島地方・家庭裁判所呉支部判事補
平成2年4月
京都地方裁判所判事補
平成5年3月
裁判所書記官研修所教官
平成8年4月
大阪地方裁判所判事
平成11年4月
神戸家庭・地方地方裁判所伊丹支部判事
平成12年4月
神戸地方・家庭裁判所伊丹支部長
平成14年4月
大阪高等裁判所判事
平成17年8月
大津地方・家庭裁判所判事(部総括)
平成20年4月
大阪地方裁判所判事(部総括)
平成27年4月
大阪高等裁判所判事
平成27年11月
神戸地方裁判所判事(部総括)
平成29年5月
広島高等裁判所岡山支部判事(部総括)
平成30年5月
岡山家庭裁判所長

メッセージ

 岡山家庭裁判所長に就任した長井です。

 岡山には昨年はじめて赴任しました。富山県出身で,雪深いところで育ったものですから,瀬戸内の温暖な気候は大変暮らしやすく感じます。また,岡山は造山古墳,楯築古墳など,多数の有名古墳がある歴史豊かな地です。歴史好きの身としては,このような地で勤務できることを幸せに思います。

 家庭裁判所は,夫婦間の問題,親子間の問題や,高齢になり判断能力の衰えた方の財産管理の問題など,家庭内の問題を解決するための場であり,また,少年の健全育成を期して少年非行を取り扱う裁判所です。そして,国民の価値観が多様化し,家庭の在り方が大きく変わりつつある今,家庭裁判所が担うべき役割は大きくなり,広がりつつあると思います。

 このような時代の変化につれて,家庭裁判所も変化しなければなりません。家庭裁判所が常に国民にとって利用しやすい裁判所であるように,職員一同ともども,努力を重ねるつもりですので,どうぞよろしくお願いいたします。