右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)



メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判手続の案内 > 裁判手続 簡易裁判所の民事事件Q&A > 判決にはどのような効力があるの?


裁判手続 簡易裁判所の民事事件Q&A

第2 簡易裁判所で取り扱っている民事事件

1 民事訴訟手続

Q. 判決にはどのような効力があるの?

A. 判決は,当事者が判決を受け取ってから2週間以内に不服を申し立てなければ,確定します。確定すると,判決の内容を争うことができなくなります。訴訟を起こした方,つまり原告の言い分が認められた判決が確定したにもかかわらず,相手方,つまり被告が判決に従わない場合には,原告は,判決の内容を実現するため,強制執行を申し立てることができます。また,判決に「この判決は,仮に執行することができる」と記載されている場合には,判決が確定しなくても,直ちに判決の内容を実現するため,強制執行を申し立てることができます。ただし,被告が不服を申し立てると,その強制執行手続が停止されることもあります。