右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)



メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判手続の案内 > 裁判手続 簡易裁判所の民事事件Q&A > 期日にどうしても裁判所に出向けない場合はどうしたらいいの?


裁判手続 簡易裁判所の民事事件Q&A

第2 簡易裁判所で取り扱っている民事事件

3 民事調停手続

Q. 期日にどうしても裁判所に出向けない場合はどうしたらいいの?

A. 調停は,話合いにより紛争を解決する手続です。したがって,調停の相手方になった場合には,通知された日時に,必ずおいでいただかなければなりません。もし,病気などのためにどうしてもおいでになれない場合には,簡易裁判所の担当の裁判所書記官に御相談ください。やむを得ない場合には,御家族や会社の従業員などを代理人にすることができる場合もあります。また,期日を変更することもあります。