右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)



メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判手続の案内 > 裁判手続 簡易裁判所の民事事件Q&A > 特定調停を申立てるにはどうしたらいいの?


裁判手続 簡易裁判所の民事事件Q&A

第2 簡易裁判所で取り扱っている民事事件

3 民事調停手続

Q. 特定調停を申立てるにはどうしたらいいの?

A. 特定調停を申し立てるには,調停申立書という書面を,相手方の住所のある地区を受け持つ簡易裁判所に提出してください。そのときには,特定調停の手続を利用したいことを明らかにしてください。また,毎月,どれくらいの額なら支払えるのか,期限をどのくらい猶予してもらいたいのかも示してください。
 また,事業者が申し立てる場合には,債権者などとの交渉の経過についても明らかにしてください。会社などの法人が申し立てる場合には,労働組合の名称や所在地,代表者名,連絡先なども明らかにしてください。
 そのほか,手数料と関係者に書類を送るためなどに使う郵便切手を納めてください。手数料は,収入印紙で納めていただきます。
 なお,申立用紙については,窓口に用意してある庁もありますから,最寄りの簡易裁判所にお問い合わせください。