右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)



メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判手続の案内 > 裁判手続 家事事件Q&A > 後見制度支援信託を利用する場合の手続の流れはどのようになりますか。


裁判手続 家事事件Q&A

第11 成年後見に関する問題

Q. 後見制度支援信託を利用する場合の手続の流れはどのようになりますか。

A. 財産を信託する信託銀行等や信託財産の額などについては,原則として弁護士,司法書士等の専門職後見人が本人に代わって決めた上,家庭裁判所の指示を受けて,信託銀行等との間で信託契約を締結します。