右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)



メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判手続の案内 > 裁判手続 刑事事件Q&A > はじめに


裁判手続 刑事事件Q&A

1 はじめに

 最近,テレビの報道やドラマなどで刑事裁判のシーンがしばしば取り上げられていますが,ここでは,Aという人物に関する傷害事件の裁判を例にとって,実際の法廷で刑事裁判がどのように進められているかを御紹介します。刑事裁判は,罪を犯した疑いのある人(被疑者)を検察官が起訴することによって始まります。裁判所は,起訴状に書かれた事実が本当にあったかどうかをいろいろな証拠に基づいて判断し,被告人を有罪と認めたときは,どういう刑罰を科するかを決めます。これが刑事裁判の大まかな仕組みですが,その手続を定めた刑事訴訟法や刑事訴訟規則等の法令には,基本的人権の尊重を理念とする日本国憲法の下,被告人の人権保障を全うしつつ,適正かつ迅速な裁判を実現するための様々な規定が設けられています。

次のQ&Aへ