右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)



メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判手続の案内 > 裁判手続 刑事事件Q&A > 逮捕とは何ですか。


裁判手続 刑事事件Q&A

Q. 逮捕とは何ですか。

A. 逮捕とは,罪を犯したと疑われる人(被疑者)の身柄を拘束する強制処分です。逮捕には,裁判官が発付する令状によって行われる令状による逮捕と現に犯罪を行っているか,犯罪を行い終わって間がない場合などで,人違いなどのおそれがないと考えられるため,逮捕状が必要とされない現行犯逮捕とがあります。前者には,事前に裁判官が「逮捕することを許可する」旨の令状(通常逮捕状)を発付して行われる通常逮捕と,一定の刑罰の重い罪を犯したと疑われる場合で,逮捕状を請求する時間がないときに,まず被疑者を逮捕し,その後直ちに「その逮捕を認める」旨の裁判官の令状(緊急逮捕状)発付を求める緊急逮捕とがあります。
 逮捕は,警察官がする場合と検察官がする場合とがありますが,警察官が逮捕した場合には,原則として,逮捕から48時間以内に,被疑者を釈放するか事件を被疑者の身柄付きで検察官に送る(送検)かを判断しなければならず,送検した場合は,検察官は身柄を受け取ってから24時間以内,かつ,逮捕時から72時間以内に勾留請求をしない限り,被疑者を釈放しなければなりません。また,検察官が逮捕した場合は,原則として,逮捕から48時間以内に勾留請求をしない限り,被疑者を釈放しなければなりません。つまり,逮捕による身柄拘束時間は,警察官が逮捕した場合は最大72時間,検察官が逮捕した場合は最大48時間ということになります。