右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)



メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判手続の案内 > 裁判手続 民事事件Q&A > 民事事件の裁判には,どのようなものがありますか。


裁判手続 民事事件Q&A

第1 民事訴訟とその手続

1 民事訴訟の種類

Q. 民事事件の裁判には,どのようなものがありますか。

A. 民事訴訟の種類は大きく次のように分類することができます。
1番目の類型は,個人の間の法的な紛争,主として財産権に関する紛争の解決を求める裁判です。例えば,貸したお金を返すように求めたり,土地や建物といった不動産の明渡しを請求したり,事故などでけがをしたことに対する損害の賠償を求める訴えは,この類型に入ります。この類型の裁判は「通常訴訟」と呼ばれ,民事裁判手続について定めた民事訴訟法に従って審理が行われます。
2番目の類型は,民事訴訟法の特別の規定によって審理される手形・小切手金の支払を求める裁判です。この類型の裁判は,「手形小切手訴訟」と呼ばれます。この訴訟では,判決を早期に言い渡すことができるようにするため,証拠は書面(書証)と原告や被告に対する尋問(当事者尋問)に限られます。もっとも,手形小切手訴訟の判決が出た後で,通常訴訟を行うように要求することはできます。手形・小切手金の支払を求める原告は,この類型の裁判を起こすか,通常訴訟を起こすかを選択することができます。
3番目の類型は,簡単で速い裁判の手続により60万円以下の金銭の支払を求める裁判です。この類型の裁判は,「少額訴訟」と呼ばれます。この裁判については,簡易裁判所の手続(簡易裁判所の少額訴訟のページ)を御覧ください。
その他の類型としては,離婚や認知の訴えなどの家族関係についての争いについての裁判である「人事訴訟」(詳しくは,「裁判手続:家事事件について Q&A」の「第2 人事訴訟とその手続」を御覧ください。)と,公権力の行使に当たる行政庁の行為の取消しを求める裁判などの「行政訴訟」があります。