右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)



メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判手続の案内 > 裁判手続 民事事件Q&A > 申立ての際には,どのような書類を用意すればよいのですか。


裁判手続 民事事件Q&A

第2 その他の民事事件とその手続

3 倒産手続

(2)通常の民事再生手続

Q. 申立ての際には,どのような書類を用意すればよいのですか。

A. 民事再生手続の申立ての際には,事業の継続が困難になっている現状や再生計画案の作成方針についての意見などを記入した申立書のほかに次のような書類などが必要となります。

1. 商業登記簿謄本(債務者が法人の場合)
2. 住民票の写し(債務者が個人の場合)
3. 債権者一覧表(債権者の名前,債務の内容・残額などを記載します。)
4. 財産目録(債務者の財産の内訳を記載します。)
5. 資金繰りの見込みを明らかにした書面

 なお,提出する書類については,申立ての内容等によって異なりますので,申立てをする地方裁判所にお問い合わせください。