右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)



メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判手続の案内 > 裁判手続 民事事件Q&A > 個人債務者の民事再生手続では,どれくらいの額を返済しなければならないのですか。


裁判手続 民事事件Q&A

第2 その他の民事事件とその手続

3 倒産手続

(3)個人債務者の民事再生手続

Q. 個人債務者の民事再生手続では,どれくらいの額を返済しなければならないのですか。

A. (1)3年間(最長でも5年間)にわたり分割して,(2)無担保債務の総額が3000万円以下の場合には借金等の総額の5分の1(ただし,100万円以上300万円以下の範囲)以上,無担保債務の総額が3000万円を超え,5000万円以下の場合には無担保債務の総額の10分の1以上,かつ,(3)債務者が自分の財産を処分して返済に当てる場合の額(清算価値)以上の返済を行う必要があります。また,給与所得者等再生では,その3つに加えて,債務者の年収額から生活に必要な費用を差し引いた額(可処分所得額)の2年分以上の額を返済することも必要になります。