右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)



メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判手続の案内 > 裁判手続 民事事件Q&A > 労働審判手続の相手方になった場合は,どうしたらよいのですか。


裁判手続 民事事件Q&A

第2 その他の民事事件とその手続

1 労働審判手続

(1)労働審判手続の開始等

Q. 労働審判手続の相手方になった場合は,どうしたらよいのですか。

A. 労働審判手続の相手方になった場合には,裁判所から,期日呼出状と共に,答弁書催告状,労働審判手続の申立書の写し,証拠書類の写し等が送付されます。相手方は,それらの書類をよく読んで検討し,定められた日までに,申立書に対する反論や当事者間においてされた交渉その他の申立てに至る経緯の概要等を記載した答弁書と証拠書類の写し等を裁判所に提出し,申立人にもそれらの写しを送付する必要があります。
 労働審判手続においては,原則として3回以内の期日で審理を終結することになるため,相手方は,早期に自分の言い分や証拠を提出する必要があります。特に,答弁書は,申立書に対する相手方の言い分を,審理を行う労働審判委員会に知らせるための重要な書類です。短期間で充実した内容の答弁書を作成し,必要な証拠書類を提出するなどの準備を行い,期日においても的確な主張や立証を行うためには,必要に応じて,法律の専門家である弁護士に依頼することが望ましいでしょう。
 弁護士に依頼する場合は,申立書を受領したらできる限り速やかに相談に行くことが重要です。