右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)



メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判手続の案内 > 裁判手続 民事事件Q&A > 労働審判事件が終了するのは,労働審判が行われる場合のほか,どのような場合ですか。


裁判手続 民事事件Q&A

第2 その他の民事事件とその手続

1 労働審判手続

(3)労働審判手続の終了等

Q. 労働審判事件が終了するのは,労働審判が行われる場合のほか,どのような場合ですか。

A. 労働審判事件は,労働審判のほかに,調停成立,労働審判手続の申立ての取下げなどによって終了します。
 また,労働審判委員会は,事案が複雑であるなど,労働審判手続を行うことが適当ではないと判断した場合には,労働審判事件を終了させることができます。この場合には,労働審判に対する異議の申立てがあったときと同様,労働審判事件は訴訟に移行することになります。