右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)



メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判手続の案内 > 裁判手続 少年事件Q&A > 少年が自宅から遠く離れた場所で非行に及んだ場合に,事件を扱う家庭裁判所はどうなるのですか。


裁判手続 少年事件Q&A

第1 少年審判とその手続

2 事件の受理

Q. 少年が自宅から遠く離れた場所で非行に及んだ場合に,事件を扱う家庭裁判所はどうなるのですか。

A. 例えば,福岡に保護者と住んでいる少年が,東京に遊びに来た時に罪を犯し,逮捕されて東京の家庭裁判所に送致された場合は,福岡(住所,居所)にも東京(罪を犯した場所,現在地)にも管轄があることになります。このようなケースでは少年の保護という観点から,適正な審判を行うため少年の地元である福岡の家庭裁判所に移送されることもあります。