右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)



メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判手続の案内 > 裁判手続 少年事件Q&A > 観護措置決定に不服があるときにはどうしたらよいのですか。


裁判手続 少年事件Q&A

第1 少年審判とその手続

2 事件の受理

Q. 観護措置決定に不服があるときにはどうしたらよいのですか。

A. 少年鑑別所送致の観護措置決定に対して不服があるときは,少年,その法定代理人(親権者や後見人)又は付添人から,家庭裁判所に対して取消しを申し立てることができます。これを異議申立てといいます。
 同様に,観護措置の延長決定についても,異議を申し立てることができます。