右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)



メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判手続の案内 > 裁判手続 少年事件Q&A > 少年事件でも3人の裁判官の合議で審判を行うことはあるのですか。


裁判手続 少年事件Q&A

第1 少年審判とその手続

4 審判

Q. 少年事件でも3人の裁判官の合議で審判を行うことはあるのですか。

A. あります。合議の対象となる事件は特に規定されていませんが,例えば,少年が非行がないと主張しており,多角的な視点からより慎重に審理する必要がある場合や,非行の背景事情が複雑な重大事件で処遇の決定が困難な場合などに,3人の裁判官の合議で審判を行うことがあります。