右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)



メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判手続の案内 > 裁判手続 少年事件Q&A > 少年犯罪によって被害を受けた方のための制度として,どのようなものがありますか。


裁判手続 少年事件Q&A

第2 被害者保護制度

1 少年犯罪によって被害を受けた方のための制度

Q. 少年犯罪によって被害を受けた方のための制度として,どのようなものがありますか。

A. 少年犯罪によって被害を受けた方が家庭裁判所に申し出ることのできる制度として,
1. 少年事件記録の閲覧・コピー
2. 心情や意見の陳述
3. 審判の傍聴
4. 審判状況の説明
5. 審判結果等の通知
があります。