右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)



メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判手続の案内 > 裁判手続 少年事件Q&A > 少年犯罪によって被害を受けた方は,事件記録を閲覧・コピーできるのですか。


裁判手続 少年事件Q&A

第2 被害者保護制度

1 少年犯罪によって被害を受けた方のための制度

Q. 少年犯罪によって被害を受けた方は,事件記録を閲覧・コピーできるのですか。

A. 審判を開始すると決定された事件については,閲覧・コピーを求める理由が正当でない場合等を除き,原則として家庭裁判所で閲覧・コピーできます。それ以外の事件についても,家庭裁判所の許可があれば,閲覧・コピーできます。