右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)



メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判手続の案内 > 裁判手続 少年事件Q&A > 他にも,被害を受けた方への配慮の制度はあるのでしょうか。


裁判手続 少年事件Q&A

第2 被害者保護制度

1 少年犯罪によって被害を受けた方のための制度

Q. 他にも,被害を受けた方への配慮の制度はあるのでしょうか。

A. 刑事事件における証人の不安や緊張等を緩和するための措置と同様の措置を,少年審判においてもとることができます。例えば,審判の場で証人として証言される場合に,少年らが同席しているときは,少年らとの間につい立てを置く,テレビ回線で結ばれた別室から証言するなどの措置をとることができます。