右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)



メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判手続の案内 > 裁判手続 少年事件Q&A > どのような目的で話を聴くのですか。


裁判手続 少年事件Q&A

第2 被害者保護制度

2 少年犯罪によって被害を受けた方の声をお聴きしています。

Q. どのような目的で話を聴くのですか。

A. 被害を受けた方から被害の実情やお気持ちを聴いて,それを少年審判手続に反映させることによって,家庭裁判所として事件を一層正確に理解し,少年に対する適切な処遇を行うことができるようにするためです。