右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)



メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判手続の案内 > 裁判手続 少年事件Q&A > 少年やその保護者から,被害者の意見が反映されたため処分が重くなったと逆恨みを受けることはないですか。


裁判手続 少年事件Q&A

第2 被害者保護制度

2 少年犯罪によって被害を受けた方の声をお聴きしています。

Q. 少年やその保護者から,被害者の意見が反映されたため処分が重くなったと逆恨みを受けることはないですか。

A. 少年や保護者に伝えてほしくない事柄については,その旨を申し出ていただければ,家庭裁判所から少年側に伝えることはありません。家庭裁判所としては,被害を受けた方のお気持ちやプライバシーに十分配慮するよう努めています。