上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 札幌地方裁判所・札幌家庭裁判所 > 札幌地方裁判所について > 札幌地方裁判所長の紹介


札幌地方裁判所長の紹介

札幌地方裁判所長 甲斐 哲彦

札幌地方裁判所長

甲斐 哲彦(かい てつひこ)

(生年月日 昭和30年12月15日)

略歴

昭和55年10月 司法試験合格

昭和56年 4月 司法修習生(修習地:福岡) 35期

昭和58年 4月 名古屋地裁判事補

昭和60年 4月 佐賀地家裁判事補

昭和63年 4月 東京地裁判事補

平成元年 3月 裁判所書記官研修所教官

平成 4年 4月 札幌地家裁判事補

平成 5年 4月 札幌地家裁判事

平成 8年 4月 司法研修所教官

平成11年 4月 裁判所書記官研修所事務局長

平成14年 4月 札幌高裁判事

平成15年 4月 札幌地裁判事部総括

平成18年 4月 札幌高裁事務局長

平成22年 4月 東京地裁判事部総括

平成25年 7月 横浜地裁判事部総括

平成26年 3月 函館地家裁所長

平成27年 2月 札幌家裁所長

平成28年 4月 札幌地裁所長

メッセージ

 地方裁判所は,国民に身近な裁判所の一つとして,国民のニーズにきめ細かく対応する必要があります。なかでも,札幌は,北海道の中心都市であり,札幌地裁には多種多様な紛争が持ち込まれてきます。札幌地裁が,社会や時代の要請を踏まえ,国民に身近な裁判所として国民の皆様から一層信頼されるよう,紛争解決機能の充実に向けた取組を引き続き強化する必要があると感じています。

 札幌地裁は,職員全員が気持ちを一つにして努力して参りますので,ご理解とご協力をお願い申し上げます。