上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 京都地方裁判所・京都家庭裁判所 > 裁判手続きを利用する方へ > 京都家庭裁判所における手続案内 > 面会交流について


面会交流について

調停手続の流れ調停Q&A,面会交流について

お子さんの成長のために親と子の交流を考える-面会交流について-

 お子さんと離れて暮らすお父さんやお母さんが,取り決めにしたがって,お子さんと会うことを面会交流と言います。

 面会交流には,お子さんと一緒に暮らしている親御さん,離れて暮らしている親御さん,それぞれの理解と協力が欠かせません。

 このページでは,面会交流を続けていくために大事なことを説明します。

面会交流について

面会交流は何のためにあるの?

 お子さんにとって,お父さんもお母さんもかけがえのない親です。子どもがすこやかに育っていくためには一方の親だけでなく,両親から成長を見守られ,愛されることが必要です。

 お子さんと離れて暮らしている親が,子どもに会いたいと思うのは,自然な願いではありますが,あくまでも,お子さんの健全な成長のために行うことを忘れてはなりません。

両親が離婚や別居するときのお子さんは?

 両親が離婚することになったとき,たいていの子どもたちには,いったい何が起きたのかがよくわかりません。

 子どもの受け止め方は,年齢や正確によってさまざまですが,「自分が悪かったのではないか。」とか,「どちらの親の言うことを聞けばよいのだろうか。」と悩んだり,困ったりすることもあります。

気をつけておきたいこと

親同士の言い争いを聞かせないようにしましょう

 子どもの受け止め方は,年齢や正確によってさまざまですが,「自分が悪かったのではないか。」とか,「どちらの親の言うことを聞けばよいのだろうか。」と悩んだり,困ったりすることもあります。

約束したことを守りましょう

 面会交流の時間など,事前に決めた約束は誠意をもって守るよう努めましょう。互いに約束をおろそかにすると,面会交流を続けていくことが難しくなります。やむを得ない場合は,すぐに相手に連絡をとりましょう。

*面会交流の時間や場所,方法等,できるだけ具体的に決めておくことが,長続きさせるためのコツです。

お子さんと一緒に暮らしているあなたへ

お子さんが出かける前

安心して出かけられるようにしましょう あなたが付き添うときは,ご自身の言動に気をつけましょう

お子さんが戻ってきた後に

笑顔で迎えてあげましょう 会ったときの様子をしつこく聞かないようにしましょう もう会いたくないと言い出したときには・・・

お子さんと離れて暮らしているあなたへ

お子さんの生活のペースに合わせるよう心がけましょう お子さんがのびのび過ごせるように努めましょう プレゼントは控えましょう お子さんと安易な約束をするのはやめましょう