上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 大阪地方裁判所・大阪家庭裁判所 > 見学・傍聴案内 > 傍聴バーチャルツアー > 法廷の内部


法廷の内部

法廷内の様子

[法廷内の画像]

 法廷の内部です。正面の法壇の上に座っている人が裁判官,その前に座っている人が裁判所書記官,左側に座っている人が検察官(ただし,法廷によっては右側に座っていることもあります。),右側に座っている人が弁護人(ただし,法廷によっては左側に座っていることもあります。),一番手前に座っている人(背広を着て背を向けた男性)が被告人です。

裁判官:
 事件を審理し,有罪か無罪かを決め,有罪の場合には刑も決めて判決をします。

裁判所書記官:
 法廷で行われた手続を記録化し,裁判記録を作成します。

検察官:
 事件を捜査し,被告人を起訴します。法廷では,被告人が有罪であることを立証 し,どの程度の刑にするのが適当かについての意見(論告・求刑)を行います。

弁護人:
 被告人の権利を守り,被告人が不当に処罰されたり,不当に重い刑に処されない ように活動します。

被告人:
 罪を犯したことを疑われ,検察官から公訴を提起された(刑事裁判にかけられ た)人です。

 さあ,審理が始まりました。 → 次へ