右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)



メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判手続の案内 > 家事事件 > 戸籍訂正許可


戸籍訂正許可

1. 概要

 戸籍の記載が法律上許されない場合,錯誤又は遺漏がある場合及び創設的届出が無効である場合に,戸籍の訂正をするには,家庭裁判所の許可が必要です。
 創設的届出とは,婚姻,養子縁組等,届出によって法律上の効果を生じる届出のことです。

2. 申立人

  • 当該戸籍の記載につき身分上又は財産上の利害関係を有する者
  • 当該戸籍の届出人
  • 当該戸籍に記載された本人

3. 申立先

訂正すべき戸籍のある地の家庭裁判所
管轄裁判所を調べたい方はこちら

4. 申立てに必要な費用

  • 収入印紙800円分(訂正すべき原因1つにつき)
  • 連絡用の郵便切手(申立てされる家庭裁判所へ確認してください。なお,各裁判所のウェブサイトの「裁判手続を利用する方へ」中に掲載されている場合もあります。)

5. 申立てに必要な書類

(1) 申立書(6の書式及び記載例をご利用ください。)

(2) 標準的な申立添付書類

  • 訂正すべき戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本(全部事項証明書)すべて
  • 申立人が訂正すべき戸籍に記載されていない場合,申立人の利害関係を証する資料(申立人の戸籍謄本(全部事項証明書)等)

※ 審理のために必要な場合は,追加書類の提出をお願いすることがあります。

6. 申立書の書式及び記載例

書式記載例