右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)



メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判手続の案内 > 少年事件 > 抗告


抗告

1. 少年,その法定代理人(親権者や後見人)又は付添人

保護処分(保護観察少年院送致児童自立支援施設等送致)決定に対して不服がある場合は,少年,その法定代理人(親権者や後見人)又は付添人から高等裁判所に不服の申立てをすることができます。これを「抗告」といいます。

その場合は,抗告の趣意(しゅい)(家庭裁判所の決定に対し自分が不満に思っている理由)を簡潔に記載した申立書を,一定の期間内に決定をした家庭裁判所に提出します。

2. 検察官

審判に検察官を出席させる決定があった事件では,検察官は,不処分決定や,保護処分決定に対して,重大な事実の認定の誤りがあることなどを理由として,高等裁判所に抗告受理の申立てをすることができます。