右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)



メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判手続の案内 > 少年事件 > 事件の受理


事件の受理

1. 受理

家庭裁判所が少年事件を受理する方法は,警察官や検察官からの送致がほとんどです。

14歳未満の少年の事件については,知事又は児童相談所長のみから,家庭裁判所に送致されます。

2. 管轄

少年の住居又は非行があった場所を管轄(かんかつ)する家庭裁判所が事件を扱います。

3. 移送

家庭裁判所は必要があると認めるときは,管轄のある他の家庭裁判所に事件を送ることができます。例えば,少年の非行があった場所を管轄するA県の家庭裁判所で事件を受理した後,少年の住居地を管轄するB県の家庭裁判所へ移送する場合などがあります。

4. 観護措置

家庭裁判所は事件を受理したときに,少年を少年鑑別所に送致することがあります。これを観護措置(かんごそち)といいます。

少年鑑別所とは,科学的な検査,鑑別の設備がある法務省所管の施設で,ここで,少年の処分を適切に決めるための様々な検査等が行われます。

少年鑑別所に収容される期間は,通常は最長4週間ですが,一定の事件で証拠調べが必要な場合は最長8週間まで延長することができます(観護措置については不服申立ての制度もあります。Q&A参照)。