刑事事件に関する記録等の特別保存及び保存期間の延長の要望について

トップ > 各地の裁判所 > 東京地方裁判所/東京簡裁以外の都内簡易裁判所 > 東京地方裁判所について > 刑事事件に関する記録等の特別保存及び保存期間の延長の要望について

<特別保存について>

 令和6年1月30日より新規則が施行され、これまでの「2項特別保存」から名称を変え、「特別保存」として運用されることになりました。
 事件記録等の特別保存に関する規則では、裁判所の事件記録、事件書類及び少年調査記録(以下、併せて「記録等」といいます。)のうち、史料又は参考資料となるべきものは永久に保存する旨定められていますが(同規則第2条第4項、同第3条、同第4条)、史料又は参考資料となるべきものに当たる記録等については、どなたでも特別保存を要望することができます(同規則第7条)。

1 要望の対象事件
 裁判所で保存する刑事事件に関する記録の事件種類及び保存期間については別表(PDF:42KB)のとおりです(刑事訴訟事件記録は、裁判所では保存していませんので、特別保存の要望の対象事件ではありません。)。
 特別保存の要望の対象は、東京地方裁判所(東京地方裁判所管内の支部及び簡易裁判所を含みます。)に係属していた(いる)事件です。

2 特別保存の要望について
 裁判所の長が、一般の方々からの要望の有無にかかわらず、記録等を特別保存に付する認定を行う事件もありますが、要望があった場合には、要望の理由を十分に参酌し、保存記録選定委員会に意見を聴いて、特別保存に付するか否か認定を行います。

(1) 特別保存に付する認定を行う事件
ア 重要な憲法判断が示された事件
イ 重要な判例となった裁判がされた事件など法令の解釈運用上特に参考になる判断が示された事件
ウ 訴訟運営上特に参考となる審理方法により処理された事件
エ 世相を反映した事件で史料的価値の高いもの
オ 全国的に社会の耳目を集めた事件又は当該地方における特殊な意義を有する事件で特に重要なもの
カ 民事及び家事の紛争、少年非行等に関する調査研究の重要な参考資料になる事件

(2) 要望の有無にかかわらず特別保存に付する認定を行う事件
 以下の事件は、一般の方々からの要望の有無にかかわらず、裁判所において、特別保存に付する認定を行います。
ア 「最高裁判所判例集」又は「最高裁判所裁判集」に判決等が掲載された事件
イ 主要日刊紙(地域面を含む。)のうち、2紙以上に終局に関する記事が掲載された事件
ウ 事件担当部(管内の支部、出張所及び簡易裁判所の事件担当部署を含む。)から上記3(1)アからカまでに該当するとして申出があった事件

(3) 要望の受付期間
 事務手続の都合上、特別保存の要望は、要望をしようとする事件の保存期間が満了する日が属する年の10月末日までに行っていただきますようご協力をお願いします。

(4) 要望の方法
 特別保存の要望は、特別保存要望書(PDF:40KB)に所定の事項を記入して提出してください。
ア 要望をする事件の特定
 事件番号が判明している場合には、その事件が係属していた裁判所と事件番号(年度、符号、番号)を記載してください。
(東京地方裁判所、東京地方裁判所管内の支部及び簡易裁判所以外に係属していた事件についての要望は受け付けておりませんので、ご注意ください。)
 事件番号が判明していない場合には、事件に関する情報欄に、次の記載例のように判決があった日付や当事者名、事件名等の事件の特定に必要な情報を記載して事件を特定してください。事件の特定ができない場合は、特別保存の要望として受け付けることができませんのでご注意ください。
(記載例)
(ア) ○年○月○日に決定があった、対象者○○の○○申立事件
(イ) ○年○月○日の○○新聞朝刊に掲載された対象者○○に対する○○申立事件
イ 要望の理由
 特別保存の要望があった事件については、保存記録選定委員会が、要望の理由などを検討した上で、特別保存に付するか否かについての意見を具申し、東京地方裁判所の長において、この意見を踏まえて、特別保存に付するか否か認定します。なお、特別保存に付さない認定をしようとする場合には、最高裁に設置される「記録の保存の在り方に関する委員会」に意見を求めた上で認定を行います(事件記録等の特別保存に関する規則8条)。
 要望をするに当たっては、当該事件が前記(1)(特別保存に付する認定を行う事件)のどれに該当するか及び該当する理由を、できる範囲で具体的かつ分かりやすく記載してください。
ウ 要望の提出及び照会先
 特別保存要望書は、下記の東京地方裁判所刑事訟廷記録係宛てに、持参、郵送、ファクシミリのいずれかの方法で提出してください。
 なお、東京地方裁判所立川支部が保存している記録等、東京地方裁判所管内の支部及び簡易裁判所が保存している記録等についても、下記に提出してください。
 また、特別保存要望書提出に関する問い合わせについても、下記で受け付けます。
     記
東京地方裁判所刑事訟廷記録係
(郵便番号 100-8920)
東京都千代田区霞が関1-1-4
(東京地裁本庁(霞が関庁舎)の11階北側にあります。)
ファクシミリ 03-3581-5389
電話 03-3581-3278

3 特別保存としたことの公表
 特別保存とされた事件については、毎年6月を目途に、下記のとおり一覧表を掲載します。
 また、これまでに旧名称である「2項特別保存」とされた事件についても同様に掲載します。
     記
令和4年以前に2項特別保存とされた事件(PDF:17KB)

<保存期間の延長について>

 保存期間の延長とは、「記録又は事件書類で特別の事由により保存期間満了の後も保存の必要があるものは、その事由のある間保存期間を延長しなければならない。」(事件記録等保存規程第9条)と定められているもので、当該事件に関係する特別の事由により、同事件の当事者や関係者などからの要望に基づいて、保存期間を延長するものです(これまでの「1項特別保存」から名称を変え、「保存期間の延長」として運用されることになりました。)。

1 保存期間を延長すべき事件の例
ア 再審請求事件が現に係属し、又は係属することが予想される事件
イ その他の関連する事件が現に係属し、又は係属することが予想される事件

2 要望の方法
 保存期間延長の要望は、保存期間延長要望書(PDF:39KB)に所定の事項を記入して提出してください。
 要望をする事件の記載は、その事件が係属していた裁判所及び事件番号(年度、符号、番号)を記載してください。
 裁判所で保存する刑事事件に関する記録の事件種類及び保存期間については別表(PDF:42KB)のとおりです(刑事訴訟事件記録は、裁判所では保存していませんので、保存期間延長の要望の対象事件ではありません。)。
(東京地方裁判所、東京地方裁判所管内の支部及び簡易裁判所以外に係属していた事件についての要望は受け付けておりませんので、ご注意ください。)
 事件番号が不明な場合は、事件に関する情報欄に、決定があった日付や当事者名、事件名等の事件の特定に必要な情報を記載してください。事件の特定ができない場合は、保存期間延長の要望として受け付けることができませんのでご注意ください。
 東京地方裁判所本庁が保存する記録等についての保存期間延長要望書は、下記の東京地方裁判所刑事訟廷記録係宛てに、持参、郵送、ファクシミリのいずれかの方法で提出してください。
     記
東京地方裁判所刑事訟廷記録係
(郵便番号 100-8920)
東京都千代田区霞が関1-1-4
(東京地裁本庁(霞が関庁舎)の11階北側にあります。)
ファクシミリ 03-3581-5389
電話 03-3581-3278

 なお、東京地方裁判所管内の支部及び簡易裁判所が保存する記録等については、当該各支部又は当該簡易裁判所に要望書を提出してください。

・特別保存要望書ひな形(PDF:40KB)

・保存期間延長要望書ひな形(PDF:39KB)