上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 神戸地方裁判所・神戸家庭裁判所 > 裁判手続きを利用する方へ > 手続案内 > 手続案内(申立て前の説明)


成年後見等申立て手続

(1)  手続案内(申立て前の説明)

事前予約制です。必ずお電話で予約してからお越しください。
後見等開始の申立てを行うに当たっては,①後見人等は裁判所への報告義務があるなど一定の負担を負うこと,②第三者専門家が後見人等に選ばれることもあり,必ずしも親族が選ばれるとは限らないこと,③申立て後は,家庭裁判所の許可を得なければ後見等開始の申立てを取り下げることはできないこと,④後見等が開始すれば,本人の能力が回復するか死亡するまで後見等を終了することができないこと等,制度について十分に御理解いただく必要があります。そのため,実際に申立てを行う前に,後見制度がどのようなものであるか,申立てを考えておられる方に対して,窓口で,手続案内を行っています。手続案内に掛かる時間は約1時間程度で,予約制です。
なお,後見等開始の申立ての説明については,原則として,お電話での説明は行っておりませんので,窓口での手続案内を御利用ください。
※ 手続案内を利用される際は,できるだけ事前に,このホームページに掲載されている動画「成年後見手続説明用ビデオ わかりやすい成年後見制度の手続」を御覧ください(御覧になった方は,手続案内の予約の際に,説明ビデオを見たことを申し添えてください。)

予約のお電話は,神戸家庭裁判所「後見センター」まで。
     078-521-5935(直通)