最高裁において関与した主要な裁判(林道晴裁判官)(令和2年)

トップ > 各地の裁判所 > 最高裁判所 > 最高裁判所について > 最高裁判所の裁判官 > 最高裁において関与した主要な裁判(林道晴裁判官)(令和2年)

最高裁において関与した主要な裁判(令和2年)一覧
事件名・事件番号
裁判年月日・法廷
判示事項結果意見
公務執行妨害被告事件
令和元年(あ)第1987号
令和2年1月31日
(第三小法廷・判決)
上告裁判所が原判決を破棄するに当たり,口頭弁論を経ることを要しないとされた事例破棄差戻全員一致
原爆症認定申請却下処分取消等請求事件
平成30年(行ヒ)第215号
令和2年2月25日
(第三小法廷・判決)
1 経過観察を受けている被爆者が原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律10条1項所定の「現に医療を要する状態にある」と認められる場合
2 経過観察自体が,経過観察の対象とされている疾病を治療するために必要不可欠な行為であり,かつ,積極的治療行為の一環と評価できる特別の事情があるといえるか否かについての判断の方法
3 慢性甲状腺炎について経過観察を受けている被爆者が原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律10条1項所定の「現に医療を要する状態にある」と認められるとはいえないとされた事例
破棄自判全員一致
控訴取下げの効力に関する決定に対する特別抗告事件
令和元年(し)第807号
令和2年2月25日
(第三小法廷・決定)
高等裁判所がした控訴取下げを無効と認め訴訟手続を再開・続行する旨の決定に対する不服申立ての可否棄却全員一致