最高裁判所の裁判官(岡村和美)

最高裁判所判事

岡村和美(おかむらかずみ)
(昭和32年12月23日生)

画像:岡村和美

略歴

昭和55年
早稲田大学法学部卒業
昭和56年
司法修習生
昭和58年
弁護士登録(第一東京弁護士会)
昭和63年
ハーバード・ロー・スクール修了(LL.M.)
平成元年
米国ニューヨーク州弁護士登録
平成2年
外資系金融機関法務部所属
平成12年
東京地検検事
平成13年
法務省刑事局国際課国際刑事企画官
平成15年
法務省刑事局国際課長
平成17年
東京高検検事
平成19年
法務省大臣官房参事官
平成19年
金融庁証券取引等監視委員会事務局国際・情報総括官
平成26年
最高検検事
平成26年
法務省人権擁護局長
平成28年
消費者庁長官
令和元年10月2日
最高裁判所判事

信条,趣味など

裁判官としての心構え

一つ一つの事件に誠実に取り組み,公正な裁判のために力を尽くしたいと考えております。
価値観が多様化した現代の社会では,最高裁判所の判断が求められる事件は,複雑で解決困難なものになっていると感じます。広い視野での問題把握・多角的な検証等を心がけることで,より深く論点を検討できるよう,引き続き,研鑽を積んでまいります。

好きな言葉

 「人間は生かされている,という心」,「人生の理不尽さ・・・まずは受け止めること。そこから覚悟を決めて歩き始めること,その覚悟が底力」など,坂東眞理子氏の言葉に励まされて,仕事を続けてきました。

印象に残った本

 様々なジャンルの本を読みます。着任前の夏は,「朔総漫筆」(アララギ歌人の清水房雄遺稿集)に語られる昭和・平成を生きた賢者の思考に感銘を受けました。

趣味

 美術館・博物館を訪ねること。最近は,日本の美術・伝統工芸・建築などについて学んでいます。

最高裁において関与した主要な裁判

※判示事項欄に「(裁判要旨)」の記載のある判決等の裁判要旨は,暫定的なものであり,確定した段階で変更される場合があります。

  1. 最高裁判所について
    1. 最高裁判所の所在地
      1. 最高裁判所の所在地
    2. 時間外文書の受付場所
    3. 最高裁判所の組織
    4. 小型無人機等の飛行禁止区域について
    5. 最高裁判所の裁判官
      1. 戸倉三郎
      2. 深山卓也
      3. 三浦守
      4. 草野耕一
      5. 宇賀克也
      6. 林道晴
      7. 岡村和美
      8. 安浪亮介
      9. 渡邉惠理子
      10. 岡正晶
      11. 堺徹
      12. 今崎幸彦
      13. 尾島明
      14. 宮川美津子
      15. 石兼公博
      16. 最高裁判所判事一覧表
    6. 最高裁判所大法廷等の写真
    7. 司法行政文書の管理
      1. ファイル管理簿
      2. 標準文書保存期間基準(保存期間表)
    8. 受動喫煙防止対策について
    9. 最高裁判所のバリアフリー情報
    10. 最高裁判所の広報活動
      1. 令和4年度「法曹という仕事」
      2. 令和5年度「法曹という仕事」
      3. 令和6年度「法曹という仕事」
      4. 木澤克之最高裁判事によるオンライン講義
      5. 山口厚,林道晴両最高裁判事による母校生徒との座談会
      6. 山口厚,林道晴両最高裁判事による母校授業への参加
      7. 宮崎裕子最高裁判事によるオンライン講話
      8. 草野耕一最高裁判事によるオンライン講話
      9. 長嶺安政最高裁判事による母校生徒との座談会
      10. 最高裁判所に作家の辻村深月さんをお招きしました
      11. 令和4年度 夏休み子ども見学会
      12. 令和5年度 夏休み子ども見学会
      13. 令和6年度 夏休み子ども見学会
      14. 令和4年度「法の日」週間記念行事
      15. 令和5年度「法の日」週間記念行事
    11. 事件記録、事件書類及び少年調査記録の特別保存の要望について