上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 最高裁判所 > 各種委員会 > 下級裁判所裁判官指名諮問委員会


下級裁判所裁判官指名諮問委員会

下級裁判所裁判官指名諮問委員会は,下級裁判所裁判官指名諮問委員会規則(平成15年5月1日施行)により設置される委員会です。

委員会は,法曹三者及び学識経験者により構成され,最高裁判所の諮問に応じ,下級裁判所の裁判官の指名の適否について審議し,その結果を答申します。

1. 設置の趣旨

下級裁判所の裁判官の任命は,最高裁判所が指名した者の名簿によって内閣が行うこととなっています。

裁判官の任命手続に関し,司法制度改革審議会意見は,「最高裁判所に,その諮問を受け,(下級裁判所裁判官として)指名されるべき適任者を選考し,その結果を意見として述べる機関を設置すべきである。」と提言しています。

最高裁判所では,審議会意見の趣旨を踏まえ,裁判所外の委員を多数含む一般規則制定諮問委員会における審議・答申を得て,指名過程の透明性を高め,国民の意見を反映させるため,国民的視野に立って多角的見地から意見を述べる機関として,この委員会を設置することとしたものです。

2. 担当事務

最高裁判所の諮問機関として,その諮問に応じ,下級裁判所裁判官として任命されるべき者を指名することの適否や指名に関する事項を審議します。そして,審議の結果に基づき,最高裁判所に意見を述べます。

また,委員会の下部組織として,全国8ヵ所の高等裁判所所在地ごとに,指名候補者に関する情報収集を行い,委員会に報告する地域委員会を設置します。

3. 委員等

委員会は委員11人で構成されます。裁判官,検察官,弁護士,学識経験のある者の中から最高裁判所が任命します。

委員の任期は3年で,再任が可能です。

委員名簿

開催状況

※各地域委員会の開催状況につきましては,各高等裁判所のホームページの「お知らせコーナー」で御覧いただけます。

なお,掲載準備中のため,御覧いただけない場合もございますので御了承ください。