福岡家庭裁判所長

福岡家庭裁判所長

氏名  野島 秀夫 (のじま ひでお)
生年月日 昭和32年3月9日生(岡山県出身)

略歴

昭和60年 4月 大阪地方裁判所判事補
昭和62年 4月 那覇地方・家庭裁判所判事補
平成 元年 4月 東京地方裁判所判事補
平成 4年 4月 広島地方・家庭裁判所判事補
平成 7年 4月 新潟地方・家庭裁判所新発田支部判事
平成11年 4月 福岡地方・家庭裁判所判事
平成13年 4月 福岡高等裁判所判事
平成15年 4月 福岡地方・家庭裁判所小倉支部判事
平成18年 4月 同判事部総括
平成19年 4月 熊本地方・家庭裁判所判事部総括
平成22年 4月 福岡地方裁判所判事部総括
平成27年 4月 福岡高等裁判所判事
平成28年 2月 熊本地方裁判所長
平成29年10月 福岡高等裁判所判事部総括
令和 2年 1月 福岡家庭裁判所長

所長としての抱負

 1月3日付けで福岡家庭裁判所長に就任しました。よろしくお願いします。
 さて,近年の社会や家族の在りようの急速な変化に伴い,市民生活において,家庭裁判所の果たすべき役割は重みを増し,求められる役割も多様化してきていると考えています。このような視点から,現在,家庭裁判所では,成年後見制度について,急激に進む高齢化社会において必要と考えられる,本人と後見人を地域で支える地域連携ネットワークの構築に取り組んでいます。今後,この取組を更に推し進めるとともに,関係機関とのスムーズな協力,連携を見据えて,利用者がメリットを感じられる運用となるように努力していく所存です。
 また,事件が増加しているその他の家庭に関する事件(離婚,養育費,面会交流,相続等)については,これまでも適正な解決が迅速に行われるよう努力してきましたが,当事者間の対立が激しく解決がより困難な事案が増加していることを意識して,紛争解決機能の更なる強化に努めたいと考えています。
 さらに,少年事件については,これまで当庁では,民間のボランティアの方に委託して,少年に就労体験や社会奉仕活動をさせることを通じて,生活を律し,社会の一員としての自覚を深めてもらう取組等に力を入れてきました。少年の再非行の防止のために,これらの取組を継続していく所存です。
 引き続き,家庭裁判所の取組にご理解とご協力をお願いいたします。