大津地方・家庭裁判所長の紹介

裁判所所長

大津地方・家庭裁判所長

西田 隆裕(にしだ たかひろ)

生年月日 昭和36年10月18日

昭和62年10月
司法試験合格
昭和63年4月
司法修習生(大阪)
平成2年4月
大阪地裁判事補
平成5年7月
最高裁民事局付
平成7年7月
通商産業省通商政策局国際経済部通商協定管理課課長補佐
平成9年7月
長崎地家裁判事補
平成12年4月
大阪地裁判事
平成15年4月
東京地裁判事、東京高裁判事職務代行
平成16年4月
東京高裁判事
平成18年4月
最高裁調査官
平成22年4月
大阪高裁判事
平成23年4月
大阪地裁判事
平成24年4月
大阪地裁部総括判事
平成29年4月
検事(大阪国税不服審判所長)
平成31年4月
大阪高裁判事
令和2年1月
神戸地家裁尼崎支部長
令和3年7月
松江地方・家庭裁判所長
令和4年8月
大津地方・家庭裁判所長(8月22日付け)

ご挨拶

 令和4年8月22日付けで、大津地方・家庭裁判所長に就任いたしました。大阪出身で、大阪やその近郊の裁判所での勤務が長いものの、大津での勤務は初めてです。前任地の松江は、宍道湖に面し、静かな城下町で暮らしやすかったですが、ここ大津も、琵琶湖に面し、古寺名刹も多く落ち着いた雰囲気で、松江同様、大津での勤務、生活を楽しみたいと思っています。
 さて、近年の社会経済情勢の変化や価値観の多様化に伴い、裁判所の果たす役割はますます重大になってきています。
 民事事件の分野では、全国的に訴訟手続のIT化の検討が進められており、現行法下で実施できる手続については、当庁でも順調にその利用が進んでいます。今後、民事訴訟以外にも、民事非訟・保全手続、さらには、家事事件や刑事事件の分野等にも、IT化の広がりが見込まれるところですが、それらの分野においても、適正・迅速な裁判の確保や利用しやすい裁判所の実現に向け、IT化やそれに伴う審理、手続の運営改善に取り組んでまいりたいと考えております。
 また、施行後10年以上の実績を積み重ねてきた裁判員制度は、県民の皆様のご理解とご協力に支えられ、当庁でも順調に運用されており、同制度がより一層社会に根付くよう、県民の皆様の関心や参加意欲を高める努力を継続していく所存です。
 さらに、高齢化が急激に進む状況の下で、成年後見制度の利用促進が重要な課題の一つとなっていますが、家庭裁判所において、その利用促進を図るべく、引き続き、自治体を始めとする関係機関との連携を深めるとともに、手続の運用改善に取り組んでまいりたいと考えております。
 加えて、新型コロナウイルス感染症の問題は、未だに収束を見通せない状況が続いており、当裁判所においても、種々の感染防止策を講じてきたところですが、今後も、裁判所を利用する皆様が安心してご利用いただけるよう、感染防止対策を確実に実施してまいりたいと考えております。
 これから、県民の皆様にとって、より身近で利用しやすい裁判所の実現を目指して、職員と共に精一杯取り組んでいく所存ですので、どうぞよろしくお願いいたします。