右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)



メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判手続の案内 > 裁判手続 家事事件Q&A > 高齢や病気のため,成年後見人の仕事をすることが困難になった場合は,どうすればよいのでしょうか。


裁判手続 家事事件Q&A

第11 成年後見に関する問題

Q.高齢や病気のため,成年後見人の仕事をすることが困難になった場合は,どうすればよいのでしょうか。

A.成年後見人は,「正当な事由があるとき」は家庭裁判所の許可を得て辞任することができます。
 問題はいかなる場合が「正当な事由」に当たるかということですが,高齢や病気のため,成年後見人の仕事をすることが困難になったことは「正当な事由」ありと認められることが多いと思われます。
 そのような場合は裁判所に相談の上,辞任許可の申立てをしてください。
 辞任が許可された場合は,速やかに管理の計算をし,後任の成年後見人に被後見人の財産を引き継いでください。