右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)



メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判手続の案内 > 裁判手続 家事事件Q&A > 親が長男に全財産をやるという遺言を残して死んだのですが,次男である私は全く遺産を得ることはできないのでしょうか。


裁判手続 家事事件Q&A

第8 遺産分割に関する問題

Q. 親が長男に全財産をやるという遺言を残して死んだのですが,次男である私は全く遺産を得ることはできないのでしょうか。

A. そのような場合でも,遺留分という法律上取得を保障されている一定の割合については,遺留分を請求することができます。
 →申立手続等については「家事事件について」の「遺留分減殺による物件返還請求」をご覧下さい。