右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)



メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判手続の案内 > 裁判手続 家事事件Q&A > 「後見」とは,どのような制度なのですか?


裁判手続 家事事件Q&A

第11 成年後見に関する問題

Q. 「後見」とは,どのような制度なのですか?

A. 認知症,知的障害,精神障害などによって,一人で判断する能力が全くない状態の方について,申立てによって,家庭裁判所が「後見開始の審判」をして,本人を援助する人として成年後見人を選任する制度です。
 成年後見人は,後見開始の審判を受けた本人に代わって契約を結んだり,本人の契約を取り消したりすることができます。このように幅広い権限を持つため,後見人は,本人の財産全体をきちんと管理して,本人が日常生活に困らないように十分に配慮していかなければなりません。
 後見開始の審判について,詳しくは,こちらをご覧ください。