右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)



メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判手続の案内 > 裁判手続 家事事件Q&A > 成年後見制度を利用すると,制限されることなどはあるのでしょうか?


裁判手続 家事事件Q&A

第11 成年後見に関する問題

Q. 成年後見制度を利用すると,制限されることなどはあるのでしょうか?

A. 成年後見制度のうち,「後見」の制度を利用すると,本人は印鑑登録ができなくなります。また,「後見」の制度又は「保佐」の制度を利用すると,医師,税理士等の資格や,会社役員の立場を失うことになっています(平成25年7月1日に施行された成年被後見人の選挙権の回復等のための公職選挙法等の一部を改正する法律により,後見が開始しても選挙権を失うことはなくなりました。)。