右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)



メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判手続の案内 > 裁判手続 家事事件Q&A > 成年後見制度を利用するためには,どうすればよいですか?


裁判手続 家事事件Q&A

第11 成年後見に関する問題

Q. 成年後見制度を利用するためには,どうすればよいですか?

A. 成年後見制度を利用するためには,まず,後見開始,保佐開始,補助開始の審判を家庭裁判所に申し立てる必要があります。申立てに当たって必要とされる主なものは,以下のとおりです。
 この他にも,必要に応じてご用意いただく資料があります。申立後の手続をスムーズに進めるために,各家庭裁判所で,いつでも手続案内に応じており,手続に必要な資料等についてもご案内しておりますので,お近くの家庭裁判所にお問い合わせください。
【申立てに必要なもの】
・申立書
・申立手数料
・登記手数料
・郵便切手
・戸籍謄本,住民票
・成年後見に関する登記事項証明書
・診断書             など
※ 詳しくは,後見開始の審判についてはこちら,保佐開始の審判についてはこちら,補助開始の審判についてはこちらをご覧ください。