高知地方・家庭裁判所長の紹介

高知地方・家庭裁判所長

黒野 功久( くろの よしひさ )
昭和38年1月6日生
出身 京都府

写真:高知地方・家庭裁判所長 黒野 功久

ごあいさつ

 本年1月3日に高知地方裁判所,高知家庭裁判所所長に任ぜられました黒野です。
 私は,昭和63年4月に裁判官に任官し,大阪地裁を皮切りに,千葉地家裁松戸支部,宮崎地裁,大阪地裁,裁判所書記官研修所,大阪高裁,京都地裁で勤務しました。
 近年の経歴は,次のとおりです。

平成19年4月
徳島地家裁判事部総括
平成22年4月
大阪地裁判事
平成23年4月
大阪地裁判事部総括
平成27年4月
大阪国税不服審判所長
平成29年4月
大阪高裁判事
令和元年5月
神戸地裁判事部総括
令和2年1月
高知地家裁所長

 四国は,徳島に続き2度目の勤務となりますが,高知は,近代日本の礎となった明治維新や自由民権運動等に携わった多数の人物を輩出した県であり,自由な発想,進取の精神が根付いた場所であると存じます。裁判所に勤務する私どもも,時代の変化に対応し,社会,とりわけ地域社会においてどのような役割を果たすべきかについて,改めて認識を深めるとともに,その使命を高知の裁判官,裁判所職員が一丸となって果たしていくように,所長として支えていかなければならないと思っています。

 刑事裁判に対する国民の理解と信頼を高めるものとして導入された裁判員制度は昨年10周年を迎え国民の間で定着してきましたが,辞退率の上昇が問題となっており,より参加しやすい審理計画,審理の分かりやすさ,審理や評議の充実などが求められています。また,市民の皆さんに10年間の実績を伝えて裁判員制度の意義を更に理解していただき,関心を持っていただく必要があります。司法行政の立場から,そのための広報活動を幅広く展開したいと考えております。

 市民の紛争を解決する役割を負った民事訴訟の分野では,長年,適正迅速な解決に向けて努力が払われてきたと思われます。さらに,IT化の検討を契機として,民事訴訟の在り方を抜本的に見直し,適正迅速でより利用しやすい裁判の実現に向けて取り組んでいきたいと存じます。
 簡易裁判所については,国民に身近な親しみやすい裁判所として,紛争解決機能の一層の強化に努めて参りたいと存じます。

 家庭裁判所は,昭和24年に創設され,昨年70周年を迎えましたが,家族の在りようの多様化や社会の変化によって,家庭裁判所に求められる役割も多様になっています。その使命を果たすために,県内の自治体,関係機関,専門職の方々との協力が必要であり,司法行政面での支えが必要と考えています。

 高知では,県内各地で南海トラフ地震や台風などの巨大災害に備えた対策が進められており,県民の皆様の防災意識は高いと感じました。裁判所におきましても防災対策に取組み,さらに利用者の安全を図っていく所存です。
 このように,各方面において,所長には,裁判所がその役割を十分に発揮できるように支えていく任務があります。このような務めをしっかり果たしていくことをお伝えして,ご挨拶とさせていただきます。